【感想記事】ライアー×ライアー

【ジャニーズ記事】

こんにちはHaLです!

先日、SixTONES松村北斗くん主演の映画「ライアー×ライアー」をやっと見に行けました。

あいにく近所の映画館では上映されていないことが発覚しまして、少し足を伸ばす必要があったので見に行くタイミングが難しかったのです。

ジャニオタの映画感想記事になりますので気楽に読んでくださいね!

                                              ライアー×ライアー公式ホームページより

キャスト

ライアー×ライアーキャスト

監督:耶雲哉治

松村北斗(SixTONES)

森七菜

小関裕太

堀田真由

七五三掛しめかけ龍也(Travis Japan)

板橋駿谷

竹井亮介

相田翔子

主題歌

主題歌はSixTONESの僕が僕じゃないみたいだ

主演の北斗くんが歌うソロから始まる曲で、SixTONESの4枚目のシングルになります。

映画のラストシーンから流れる北斗くんの歌声と「愛に咲いた花の名前はライアー、儚く揺れてる」の歌詞が映画にピッタリで、この映画を見て好きになった方を多いはずです。

SixTONES 公式YouTubeチャンネルより

ストーリー(ネタバレ)

幼少期の親の再婚で一緒に暮らすことになった同学年の弟、とおる(松村北斗)と姉、みなと(森七菜)。大学生になった2人の関係は最悪。会話は常にケンカ腰状態ながらも同じ大学に通っている関係でした。

中学生の頃からモテまくっていた透に湊はいつも振り回されており、浮気された女子からよく呼び出される始末。

女癖の悪い透のせいで満足な学生生活が送れなかった湊に大学の友人、真樹(堀田真由)からバイトを頼まれます。

それが渋谷の女子高生ギャルの撮影だ。

金髪のカツラをかぶって、制服とギャルメイクを施した湊は撮影の為渋谷へ。友人が用事のため1人になっていた時に人とぶつかって倒れてしまう。それが弟、透だった。

二十歳になって渋谷でギャルのコスプレが趣味だと隠したい湊は、とっさに別人のフリをしてしまう。女癖の悪い透はその演技に騙されて、そのまま気づかずにナンパをしかける。スマホを持っていないとなんとか連絡先の交換を拒もうとする湊ですが、弟の連絡先を受け取ってしまった。

湊のギャルメイクした姿に一目惚れした透は、1回目の連絡で渋谷デートを約束。

湊はそこで、自分が湊であるとカミングアウトするつもりでした。

待ち合わせ中に女癖の悪さを暴こうと、何分待てるかと近くで見張っている湊ですが、透は逆ナンにも断り1時間遅刻してきたギャル姿の湊をちゃんと待っていました。

カフェに入ったところで、透は湊にスマホを差し出す。自分と連絡を取れるように契約してきたという。そのくらい透はギャル姿の湊に惚れ込んでいた。

「まだ名前聞いてなかったよね」と質問され戸惑う湊でしたが、友人に借りていたカバンの名前に書いていた「野口」をそのまま使い「野口ミナ」として偽ることになった。

デート中、女癖の悪さを知っていた湊は今関係を持っている女性と縁を切ったらとの条件付きで、透からの告白をOKしてしまう。

そして透はすぐさま実行。毎晩顔を腫らしながら女性との関係を切っていく。

付き合うことになった姉と弟だが、透は湊のことを「ミナ」としか信じていない。

水族館にデートに行った際に、ヤドカリの話でミナはつい昔の透のことを話してしまう。「透はなぜ子供の頃のことを知っているのか」と聞くが、自分のことと突き通すミナだった。

ミナのためにバイト代を貯めて一人暮らしを始めることになった透は、引越し先で親友かつら(七五三掛龍也)と荷ほどき中にミナが部屋を訪れてしまう。玄関先でばったり遭遇した桂に湊が変装しているとバレそうになるが、透のカバーもあり何とかバレずに済んだ。

野口ミナとして過ごすことが多くなった湊だが、そんな時湊自身にも転機が訪れる。

小学生時代の友達、烏丸からすまくん(小関裕太)との再会である。大学の日本史サークル交流会でばったり遭遇した2人だったが、湊のことが気になっていた烏丸くんは後日2人で呑みに行くことに。

透とのデートを繰り返すうちに、初めて出会った日に言っていた「知り合いに似ている人」、つまり自分について透がどう思っているのかを聞き出そうとすると、透は「あんま話したくない人」と一言。あまりにも素っ気ない上にいら立った声だったため、湊はそれ以上聞くことを止めた。

烏丸くんと付き合い始めた湊は、これを機に野口ミナを辞めようと決心し、透のアパートで親のエクアドルへの転勤を理由に別れを告げる。

数日後、湊が帰宅すると透の親友桂が家から出てきて、透と連絡が取れないと知った湊は透からもらったスマホを確認すると、まだ解約していないことが発覚する。

透のアパートを尋ねると、エクアドルの本を持った痩せ細った透が部屋から出てきた。湊を見た瞬間に突き放す透に湊では効果なしと感じた湊は、真樹に頼み「ミナ」に変装し、再びアパートを訪れる。親戚に預かってもらうと理由を付け、エクアドル行きがなくなったと話し、透にしっかりするように話した。

高槻湊として烏丸くんとの恋愛をスタートさせた湊だったが、一途にミナを思い続けていた透のことが気になって仕方なくなってしまう。

透が気になって、烏丸くんとの恋愛がうまくいかない湊は「気になっている大切な人がいる」と話し烏丸くんとは別れる決断を下す。

そんなある日、烏丸くんに送ってもらって帰宅した湊の前に母親と帰省していた透が買い物から帰ってきた。母の誘いで高槻家と食事をすることになった烏丸くんですが、ここで透が湊似のギャルと付き合っている現場を目撃したことを話してしまう。

透はその発言に憤り、烏丸くんを玄関へ呼び出しヒートアップしてしまう。

ギクシャクしそのまま帰宅する烏丸くんを追いかけた湊は、今まで黙っていた事情を全て話す。

烏丸くんは事情を受け入れた上で、湊の恋は応援できないと話してしまったことにショックを受けた湊だったが、これからは「野口ミナ」として透を支えると決断する。

再び透とミナの関係は始まるのだが、ある日透から別れ話を突きつけられてしまう。理由を尋ねると、透は昔死んだ大切な人が忘れらない。そしてその人に酷似こくじしているミナを重ね合わせて利用していたと話し、関係は終わってしまった。

その後一人暮らしを辞めて透は実家での生活に戻るのだが、そんな中烏丸くんは湊の息抜きと表し、友達として2人で湊の行きたかった愛知県犬山城へ。

日帰りのつもりだった湊だが、既にホテルを押さえていた烏丸くんに少し強引に迫られてしまう。透への思いが日に日に強くなっていく湊への嫉妬心で、湊を試そうとしていたのだ。

しかし湊は屈せずに透への思いを表した。そこで烏丸くんは自分のしたことを後悔し湊を諦める。

一方で、湊が帰らないことを心配した高槻家では母親は以前、湊がスマホを2つ使っていたことを父親と透に話す。怪しいバイトを心配している両親だったが、透は別のことで何か引っかかっていた。

部屋に戻った透は野口ミナに電話を掛ける。そしたらなんと隣の部屋でスマホの着信音が・・・

一夜が明け暗い面持ちのまま新幹線で品川駅へ着いた湊は、駅前で人とぶつかってしまった。

その人は野口ミナのスマホを持った透だったのだ。

全てを悟ったような表情の透に、湊はこれまでのいきさつを全て話した。

すると透も今まで嘘をついていたことを湊に謝った。動揺する湊だったが、透はこれまでの自分の気持ちを打ち明けた。

幼少期に東武動物公園で初めて出会った日から、透は湊のことがずっと好きだったと話す。

しかし家族内での結婚ができないことを知った透は、自分の中から湊を殺し、その気持ちをかき消すように女遊びにふけってしまったと言うのだ。

だが血縁者ではない湊との結婚はできると知ったころには、既に湊に対して素っ気ない態度を取り、湊にすら嫌われてしまっていた。

だから湊にそっくりな「野口ミナ」に対しては本気の恋だった。

お互いの全てを知った2人は、思い出の地である東武動物公園へ向かう。

そして透と湊は結ばれて終わるというストーリーでした。

感想レポ

この映画は北斗くんの喜怒哀楽が見れる作品だと思いました。

普段のSixTONESでは見られない一面もたくさん見れるので北斗くんが気になっている。と思っている人は必見な映画ですよ!

北斗くんの「喜」

普段SixTONESではあまり「喜」を全面に出すイメージはないのですが、彼女の前ではこんな感じなのかな〜と思うくらいとびっきりな笑顔で接しているので、クールがベースにある北斗くんですが、「かわいい」が勝ってしまいますね。

北斗くんの「怒」

小関くんを迎えての食事シーン、半ギレ状態の北斗くんのダークなところが全開な「ちょっといい?」がゾクっとしました。芝居ではなく、実際にキレたときもこんな声で呼び出すのかな・・・と思ったらちょっと怖かったです。(演技として良い意味で)

北斗くんの「哀」

別れを告げられるシーン、そして別れを切り出すシーンに哀愁を漂わせるのが上手だと感じました。ライブでも男闘呼組の「みはり」やNEWS加藤シゲアキの「あやめ」など寂しさや哀愁感が強い曲をソロで歌ってきたので、そのあたりはお手の物ですね。

北斗くんの「楽」

この映画では「楽」の部分を見せることはあまりなかったのですが、エンディング中のシーンで、湊と付き合うところから結婚までの間は「楽」のシーンだったのかなと思います。何もストレスのないような透を上手に演じられていました。

主演がジャニーズの松村北斗くんということもあり、劇場では女性の方が多いんですが、Twitterなどを見てみると男性の方も見に行ってらっしゃる方も多いみたいです!

普段見れない松村北斗が2時間堪能できる映画になりますので、ぜひぜひ劇場へ!!!

HaL

コメント

タイトルとURLをコピーしました