ジャニーズ主演のオススメ映画をご紹介!

【ジャニーズ記事】

こんにちはHaLです。

滝沢歌舞伎ZERO見に行かれた方も多いんじゃないでしょうか?

主は1週間後くらいに見に行けて、正直感動しました。普段は超高倍率のチケットを当てなければ、あとは円盤化を待たなくてはならないので、映画館で何回も見れる今年はすごく贅沢だなと思っています。

映画代としては少しお値段張るのですが、音響や空間の使い方が映画館ならではになっているので少しでも気になっている方はお早めに!

そこで今回は、「ジャニーズタレントが主演した映画」をオススメしたいと思って書いております。

歌って踊るだけじゃない!ジャニーズが主演だったオススメの映画をご紹介しますね!

※あくまで個人的に好きな映画になります。(あとネタバレも含む可能性あります)



①青の炎(2003年)

主演:二宮和也にのみやかずなり

監督:蜷川幸雄にながわゆきお

感想:二宮くんが初めて単独主演を果たした映画になります。家族に問題を抱える二宮演じる高校生という難しい役柄を見事に演じていた印象でした。今やジャニーズトップの演技派になった二宮くんの初々しい演技も込みで、小説らしい展開が好きなポイントです。家族に対する一面とヒロインの松浦亜弥さんとのクラスメイトの一面が変わる高校生らしいところも細かく演じられていたので、中学生の時に見た自分に刺さったのかもしれません。

②レインツリーの国(2015)

主演:玉森裕太たまもりゆうた

監督:三宅喜重みやけよししげ

感想:主演の玉森くんとイメージは離れていない役柄ですが、ネイティブな関西弁を必要とするため東京都出身の玉森くんには難易度が高かったと思います。本人も関西弁が難しかったとどこかで話していた記憶があります。ヒロインの西内まりやさんとの恋愛映画ですが、難聴を抱える役だった西内さんに対しての距離感が、演技以上の魅力を感じました。玉ちゃんなんだけど玉ちゃんじゃない。この絶妙な演技がとても好きでした。キスマイが歌う主題歌の「最後もやっぱり君」も映画になぞって、振り付けが手話ってところも良いですね〜

③TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ(2016)

主演:長瀬智也ながせともや神木隆之介かみきりゅうのすけ

監督:宮藤官九郎くどうかんくろう

感想:映画館で爆笑した音楽コメディ映画です!宮藤監督の作品なので楽しみにしていたんですが、鬼役の長瀬くんの破天荒な演技がかなり面白かった映画でした。長瀬くんの見た目とギャップが結構ツボなんですけど、地獄とバンドが舞台なので音楽性が高いので、ロックな曲も楽しめます!Mステに出演したときに鬼の姿を見て子供が泣いた。みたいな話もあって面白かったですよね。

④永遠の0(2013)

主演:岡田准一おかだじゅんいち

監督:山崎貴やまざきたかし

感想:初めて映画館で見たときの衝撃は今でも覚えています。百田尚樹さんの有名な時代小説が原作で知っている方も多いと思います。太平洋戦争末期に特攻隊として亡くなった祖父(岡田准一)を知るために孫(三浦春馬)が当時の当事者から話を聞くというストーリーなんですが、「特攻隊」とは「生きる」とは、対立したテーマを投げかける映画かなと思っています。最初のシーンの答えがラストシーンで分かる、時代背景が強い映画ながら人間性が深く考えられる映画でもあるので、見ていない方は本当にオススメします!

有名な映画ばかりですが、「青の炎」は見たことある人少ないんじゃないでしょうか?1番上に持ってきたくらい好きな映画なので、是非見てみてくださいね!まだまだ紹介したい映画もたくさんありますので、また書きたいと思います!それでは〜

HaL



コメント

タイトルとURLをコピーしました